育毛剤と養毛剤の違いと効果的な使い方

効果的な使い方とは

育毛剤の効果について

現在では、多種多様なタイプの育毛剤が販売されており、価格も様々ですが、いくら高級なものを使用していても選び方を間違うと、十分な育毛効果が得られない場合があるので、有効な製品をしっかり選ぶことが大切です。
育毛剤には、「頭皮の血行を促進させる成分」、「毛母細胞を活性化させる有効成分」、「皮脂の分泌を抑える成分」、「頭皮を保湿する成分」など様々な成分が配合されていますが、育毛剤の選び方で最も大切なのは、自分の薄毛に有効な成分が配合された製品を選ぶということです。

 

たとえば、ストレスや偏った食生活、睡眠不足など不健康な生活を続けていると、頭皮の血流も悪化して新陳代謝が低下し、発毛を担う毛母細胞に酸素や栄養分が十分に行き渡らなくなるため、薄毛が生じやすくなります。
こうした薄毛には、頭皮の血行を促進させる成分や毛母細胞を活性化させる有効成分が配合された製品が効果的です。
また、自分の頭皮を触ってみて状態を確認し、頭皮が脂っぽい場合には皮脂を抑える成分、頭皮が乾燥気味でフケが多い場合などには保湿成分が多く配合されている育毛剤を選ぶのがお勧めです。

 

このように、育毛剤の選び方では、自分の頭皮や薄毛の状態を十分に把握した上で、適切な製品を選ぶことが重要といえます。
なお、AGA(男性型脱毛症)による薄毛では、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が体内で生成されるのを抑える育毛剤が有効ですが、このタイプの育毛剤は医薬品として指定されているので、AGAが疑われる場合にはまずは薄毛専門のクリニックなどに受診することをお勧めします。


抜け毛や薄毛などが気になってくると、

抜け毛や薄毛などが気になってくると、育毛剤や養毛剤の使用を検討する方も多いはずです。
そこで気になるのがこの二つにはどのような違いがあるのかということでしょう。

 

まず育毛剤は、字から想像できる通り髪の毛を育てる効果のある薬剤で、
基本的には頭皮や毛根に作用して、髪の毛を成長させるために必要な環境を整えることが出来ます。

 

育毛剤には血流を促進して毛根に多くの栄養を届けるタイプやAGAの原因となるジヒドステロンの発生を抑制するタイプ、
頭皮の皮脂を抑制するタイプなど多くのタイプがあり、抜け毛や薄毛の原因に合わせて選択することが最も効果的といえます。

 

次に養毛剤ですが、これも字から想像できるように髪の毛に栄養を与える薬剤となっており、
基本的な効果は、既に生えている髪の毛にしっかりと栄養を与えることで脱毛を予防するというものです。
ですので、養毛剤を使うのであれば、生活習慣なども一緒に見直して
体内の栄養も髪の毛に送ることが出来るようにするのが効果的といえます。

関連ページ

使う前に知っておきたい育毛剤の副作用
育毛剤の副作用とは。実際に使用する前に確認しましょう。
育毛剤フィンジアの口コミと商品レビュー比較効果
育毛剤フィンジア(FINJIA)を購入し使用したので評価、口コミをレビューします。
ランキングで見る育毛剤の安全性
育毛剤の安全性をランキングで見る
育毛剤はここを見ろ!比較ポイントを紹介
育毛剤の比較ポイント
数ある育毛剤の口コミで人気の理由は
数ある育毛剤の中には口コミでも評判が良い物もあるようです。ではどんな育毛剤が口コミで人気となっているのか解説してみましょう。
育毛効果のある成分とは
トウガラシで禿げ治療!?
育毛剤の医薬品と医薬外品の選び方
「医薬外品」というのは、効果があると実証されている成分は入っているけれど、確実に効果があるかは保証しないという
育毛と発毛の違いとは
薄毛や抜け毛に悩む男性にとって育毛や発毛というのは非常に重要です。
育毛に関係する食事方法は
まずは薬を使えば対策になるという考えを捨てて薄毛に対して根本的に向き合ってみることも大切だと思います。
育毛はお金がかかる
薄毛の方用の育毛剤というのは、お値段もピンキリの部分があります。高いものですと
睡眠は育毛効果がある
頭髪は睡眠時にこそ大きく成長するもので、これは頭髪の成長が交感神経ではなく副交感神経によって大きく左右
マッサージによる育毛効果
頭皮マッサージは育毛効果があるものですが、それもやり方を間違えてしまえば逆効果になってしまうので注意が必要です。

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ