M字型薄毛脱毛症(AGA)

M字型薄毛脱毛症(AGA)

男性が薄毛に見舞われる場合、そのハゲ方にも幾つかのパターンがあります。たとえば多くで見られるものとして額の両サイドから徐々に薄毛が進行していくM字型のハゲがありますが、もしもこの症状に見舞われたならば男性型脱毛症、すなわちAGAという病気が密接に関わっているかもしれません。

 

 

このAGAとは男性ホルモンが過剰な働きを見せることで、頭皮付近にある5αリダクターゼという酵素と反応してDHTという物質へと変貌してしまいます。これは毛母細胞へ十分の栄養補給が行われるのを阻害する特性を持っており、成長期の真っ只中にある元気な髪のヘアサイクルを大いに乱し、自ずと成長を終えて抜け落ちていってしまうのです。とりわけ男性の額部分というものは男性ホルモンの影響を強く受けやすい部位として知られ、AGAの症状が真っ先にあらわれてくるのです。

 

 

AGAを治して育毛に取り組むためにはクリニックで専門施術を受けるという選択肢が一般的です。まずは触診や問診を受けた後、AGAと診断されたならばいよいよ育毛に向けた施術が開始されます。まずは5αリダクターゼの働きを抑えるフィナステリドという成分を含んだ飲み薬を処方してもらうのがひとつ。そしてもうひとつはミノキシジルという成分を含んだつけ薬を使います。これは薄毛の進んだ頭皮に塗るとその部分の毛細血管が拡張され、栄養分が大量に運搬される状態が作り出されます。こうして栄養の乏しい毛母細胞にきちんと栄養分が補給されることによって育毛へと繋がっていくのです。

関連ページ

ヘアメディカルでAGA(はげ)の薄毛治療
1999年に日本で初めて開院した頭髪(発毛)治療専門クリニックのヘアメディカル
薄毛になるメカニズム
薄毛になるメカニズムを解き明かす
AGA(男性型脱毛症)の基礎知識
男性型脱毛症(AGA)の基礎知識
AGA(はげ)薄毛治療とは
最近はAGA(はげ)という言葉がよく利用されるようになりました
育毛ならAGA治療か育毛剤どっち
殆どの育毛剤には発毛効果はなく、あくまでも今ある髪の毛を丈夫にする為の役割にしか過ぎません。
抜け毛や薄毛を招く生活習慣
抜け毛や薄毛の原因といわれる生活習慣は、主に以下の5つがあります。
O型薄毛脱毛症(AGA)
一口にAGAといっても症状はさまざまです。額の生え際の部分から剃り込みのような形で毛がなくなっていく、いわゆる
若年性脱毛症(AGA)
育毛を行うにはまずクリニックでの診療を受けることが先決です。医師の触診や問診によってAGAか否かを判断し、もしそうであれば飲み薬と塗り薬で治療を行い、育毛していきます。

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ