O型薄毛脱毛症(AGA)

O型薄毛脱毛症(AGA)

男性の薄毛の原因として最も多いAGA(男性型脱毛症)ですが、一口にAGAといっても症状はさまざまです。額の生え際の部分から剃り込みのような形で毛がなくなっていく、いわゆるM字ハゲもあれば、頭頂部から丸い形で薄毛が進行していくO型薄毛脱毛症もあります。これらは薄毛の原因が異なるため、治療方法も違ってきます。

 

 

AGAの原因は男性ホルモンのテストステロンがDHTに変化して発毛・育毛を阻害することで起きますが、O型薄毛脱毛症の場合は頭皮の血行不良が原因で起こることが多くなっています。
したがって、治療法としては頭皮の血行を促進し、育毛に必要な栄養が毛根に行き渡るようにすること必要です。

 

有効成分ミノキシジルを配合した育毛剤を使用すると効果が期待できます。ミノキシジルを配合した外用薬・育毛剤は処方箋がなくとも薬局で購入することができます。

 

 

O型の人は頭皮が脂っぽい人が多いので、常に清潔にしておく必要があります。かといって、皮脂を取りすぎるとかえって皮脂分泌の増加を招き、毛穴を詰まらせてしまうことがあるので注意が必要です。
その他にもストレスや睡眠不足、不規則な生活なども頭皮環境を悪化させてしまうことがありますから、生活習慣から改善していくことが重要となります。

 

 

なお、M型と同時に発症している場合はプロペシアの併用が有効となります。ただしミノキシジルとプロペシアの併用には副作用の危険性もありますから、必ず医師の診断を受け、医師の指導の下で服用しましょう。

関連ページ

ヘアメディカルでAGA(はげ)の薄毛治療
1999年に日本で初めて開院した頭髪(発毛)治療専門クリニックのヘアメディカル
薄毛になるメカニズム
薄毛になるメカニズムを解き明かす
AGA(男性型脱毛症)の基礎知識
男性型脱毛症(AGA)の基礎知識
AGA(はげ)薄毛治療とは
最近はAGA(はげ)という言葉がよく利用されるようになりました
育毛ならAGA治療か育毛剤どっち
殆どの育毛剤には発毛効果はなく、あくまでも今ある髪の毛を丈夫にする為の役割にしか過ぎません。
抜け毛や薄毛を招く生活習慣
抜け毛や薄毛の原因といわれる生活習慣は、主に以下の5つがあります。
M字型薄毛脱毛症(AGA)
男性が薄毛に見舞われる場合、そのハゲ方にも幾つかのパターンがあります。たとえば多くで見られるものとして
若年性脱毛症(AGA)
育毛を行うにはまずクリニックでの診療を受けることが先決です。医師の触診や問診によってAGAか否かを判断し、もしそうであれば飲み薬と塗り薬で治療を行い、育毛していきます。

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ