若年性脱毛症(AGA)

若年性脱毛症(AGA)

男性にとって若くして頭髪の薄毛に見舞われるのは精神的にも辛いものです。とりわけ薄毛が進行すると自分の外見に自信が持てなくなります。それに日々鏡に映る自分を見つめることでストレスが溜まり、ますます薄毛が進行してしまうこともあり得ます。

 

 

そうならないためにも、まずはその原因を特定し、然るべき症状改善の策を模索することが求められます。生活習慣や頭皮環境の悪化などがその原因としては考えられますが、もうひとつ重要なものに若年性脱毛症、すなわちAGAという病気も挙げられます。これは男性ホルモンが過剰に働くことによって頭髪の成長を阻害する物質を分泌してしまい、その影響によって頭髪の成長が止まり、健康的な髪でも次々と成長期を終えて抜け落ちていってしまうのです。

 

 

これを治して育毛を行うにはまずクリニックでの診療を受けることが先決です。医師の触診や問診によってAGAか否かを判断し、もしそうであれば飲み薬と塗り薬で治療を行い、育毛していきます。飲み薬としてはフィナステリドという成分を配合したプロペシアなどが代表的です。これを一日一錠飲み続けることで男性ホルモンの過剰な働きが抑えられ、頭髪に影響のある物質が出るのを抑えることができます。

 

 

一方の塗り薬はミノキシジルという成分を配合したもので、これを薄毛の部分に塗ると毛細血管が拡張されて血流が多くなる分、より多くの栄養分が頭髪に補充されるようになります。こうすることで髪の育毛が促進されていくのです。こうしたふたつの治療法によって失われた髪を再び取り戻すことができるでしょう。

関連ページ

ヘアメディカルでAGA(はげ)の薄毛治療
1999年に日本で初めて開院した頭髪(発毛)治療専門クリニックのヘアメディカル
薄毛になるメカニズム
薄毛になるメカニズムを解き明かす
AGA(男性型脱毛症)の基礎知識
男性型脱毛症(AGA)の基礎知識
AGA(はげ)薄毛治療とは
最近はAGA(はげ)という言葉がよく利用されるようになりました
育毛ならAGA治療か育毛剤どっち
殆どの育毛剤には発毛効果はなく、あくまでも今ある髪の毛を丈夫にする為の役割にしか過ぎません。
抜け毛や薄毛を招く生活習慣
抜け毛や薄毛の原因といわれる生活習慣は、主に以下の5つがあります。
M字型薄毛脱毛症(AGA)
男性が薄毛に見舞われる場合、そのハゲ方にも幾つかのパターンがあります。たとえば多くで見られるものとして
O型薄毛脱毛症(AGA)
一口にAGAといっても症状はさまざまです。額の生え際の部分から剃り込みのような形で毛がなくなっていく、いわゆる

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ