抜け毛や薄毛を招く生活習慣

抜け毛や薄毛の原因といわれる生活習慣は、主に以下の5つがあります。

 

 

「喫煙習慣」

血流が悪いと髪の毛に栄養が行き渡らず、抜け毛や薄毛につながるといわれます。
タバコを吸うと、動脈が収縮し血流が絞られてしまうため、頭皮にも血液が巡りつらくなることは科学的にも解明されています。
髪の毛の状態が気になりだしたら、タバコを控えるか、本数を減らしましょう。

 

 

「油っぽい食事を好む」

油っぽい食事を多くとると、顔や頭皮があぶらっぽくなる方は多いでしょう。
この余分な皮脂によって毛穴が詰まってしまい、皮膚が炎症を起こしてしまい、髪の毛の成長が鈍ってしまうのです。

 

 

「シャンプーやスタイリング剤の洗い残し」
ワックスなどのスタイリング剤を用いても、疲れてしまってお風呂に入っても充分に髪を洗わないでいると、抜け毛や薄毛を招きます。
また、たっぷりのシャンプーやコンディショナーを用いて洗っても、すすぎが充分でなければ、同様の悪影響があります。
しっかりと洗い、すすぐことを心がけてください。

 

 

「緊張した頭皮」

成長などで頭皮が張ってしまうと、血管が圧迫されて血流が悪くなり、髪の毛を作る働きが低下することがあるといわれています。
シャンプー時などに頭皮を揉み解すことが大切です。

 

 

「ストレス」

上記4つの習慣を増長させてしまう原因として、主にストレスがあげられます。

 

 

どれかひとつが抜け毛・薄毛の原因であることよりも、複数の原因を抱えている場合がほとんどです。

関連ページ

ヘアメディカルでAGA(はげ)の薄毛治療
1999年に日本で初めて開院した頭髪(発毛)治療専門クリニックのヘアメディカル
薄毛になるメカニズム
薄毛になるメカニズムを解き明かす
AGA(男性型脱毛症)の基礎知識
男性型脱毛症(AGA)の基礎知識
AGA(はげ)薄毛治療とは
最近はAGA(はげ)という言葉がよく利用されるようになりました
育毛ならAGA治療か育毛剤どっち
殆どの育毛剤には発毛効果はなく、あくまでも今ある髪の毛を丈夫にする為の役割にしか過ぎません。
M字型薄毛脱毛症(AGA)
男性が薄毛に見舞われる場合、そのハゲ方にも幾つかのパターンがあります。たとえば多くで見られるものとして
O型薄毛脱毛症(AGA)
一口にAGAといっても症状はさまざまです。額の生え際の部分から剃り込みのような形で毛がなくなっていく、いわゆる
若年性脱毛症(AGA)
育毛を行うにはまずクリニックでの診療を受けることが先決です。医師の触診や問診によってAGAか否かを判断し、もしそうであれば飲み薬と塗り薬で治療を行い、育毛していきます。

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ