育毛ならAGA治療か育毛剤どっち

育毛剤とAGA治療

薄毛の予防や改善の為には対策を行う事が大切ですが、対策方法として育毛剤の利用やAGA治療が挙げられます。
どちらも薄毛対策の定番になっているようですが、効果の高さで言えばやはりAGA治療に軍配が上がると言えます。

 

 

薄毛を改善する為の専門店な治療ですので、効果的な対策を行う事ができますし、
無事に発毛が確認されたという例もありますので、薄毛にお困りの方はAGA治療を検討してみるのも良いかもしれません。

 

 

育毛剤を利用する意味はないの

では育毛剤を利用する意味はないのかと言いますと、決して意味が無いという訳でもありません。
血流促進などの作用で毛根の活動を活発にさせる為に役立ちますし、毛根の活動を促進させる事で薄毛予防にもなりますので、対策として活用する事はとても良い事です。
しかしながら発毛を目的とする場合ですと効果は弱くなってしまうかもしれません。

 

 

あくまで今ある髪の毛を保持する

殆どの育毛剤には発毛効果はなく、あくまでも今ある髪の毛を丈夫にする為の役割にしか過ぎません。その為、新しい髪の毛を育てて薄毛を改善する事は困難とも言えるのです。
ただし、すべての育毛剤に発毛効果が無いという訳でもありません。
中には発毛効果が確認できたと認められている有効成分を含んでいる育毛剤もあります。

 

 

発毛を目指す

有効成分を含んでいるものなら発毛させられる可能性もありますので、発毛を目指したいという時には有効成分を含む育毛剤を活用するのが良いと言えます。
つまりどの育毛剤を利用するかによって効果がまるで違ってきますし、有効成分を含むものを選べば効果的な対策ができるかもしれません。

関連ページ

ヘアメディカルでAGA(はげ)の薄毛治療
1999年に日本で初めて開院した頭髪(発毛)治療専門クリニックのヘアメディカル
薄毛になるメカニズム
薄毛になるメカニズムを解き明かす
AGA(男性型脱毛症)の基礎知識
男性型脱毛症(AGA)の基礎知識
AGA(はげ)薄毛治療とは
最近はAGA(はげ)という言葉がよく利用されるようになりました
抜け毛や薄毛を招く生活習慣
抜け毛や薄毛の原因といわれる生活習慣は、主に以下の5つがあります。
M字型薄毛脱毛症(AGA)
男性が薄毛に見舞われる場合、そのハゲ方にも幾つかのパターンがあります。たとえば多くで見られるものとして
O型薄毛脱毛症(AGA)
一口にAGAといっても症状はさまざまです。額の生え際の部分から剃り込みのような形で毛がなくなっていく、いわゆる
若年性脱毛症(AGA)
育毛を行うにはまずクリニックでの診療を受けることが先決です。医師の触診や問診によってAGAか否かを判断し、もしそうであれば飲み薬と塗り薬で治療を行い、育毛していきます。

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ