AGA(男性型脱毛症)の基礎知識

男性型脱毛症(AGA)

髪の毛の脱毛が見られた時には必ず何かしらの原因があります。そして原因は色々考える事ができるようですが、男性の場合ですと男性型脱毛症によって薄毛になっている可能性が高いと言えます。

 

 

ジヒドロテストステロンとは

そもそも男性型脱毛症とはどのような症状なのかと言いますと、これはDHT、つまりジヒドロテストステロンと呼ばれる物質によって脱毛を促進されて薄毛になってしまう脱毛症の事です。DHTには強力な脱毛作用がありますので、濃度が増えてしまう事でヘアサイクルが乱されてしまい、そしてどんどん抜け毛が促進され、やがて頭皮の透け感が強くなってしまったり、完全に頭皮が露出した状態にまでハゲてしまう事があるのです。

 

 

薄毛の原因

薄毛を引き起こしているDHTはどこからやってくるのかと言いますと、発生要因になっているのがテストステロンと呼ばれるホルモンと5αリダクターゼと呼ばれる酵素です。これらの物質は別々に存在する限り、人体に於いて無くてはならない存在ですが、しかしながら両者が結合してしまい、DHTへと変換されてしまうと強力に薄毛を促進させる厄介な物質になってしまうのです。

 

発毛の可能性

つまりDHTへの対策をきちんと行えば薄毛になり難くなりますし、発毛ができる可能性もあるのですが、その為の治療薬もありますので安心です。専用の治療薬を利用する事でDHTを作らせないようにする事ができますので、それによって抜け毛も予防され、発毛し易い頭皮環境へと改善していく事ができます。

関連ページ

ヘアメディカルでAGA(はげ)の薄毛治療
1999年に日本で初めて開院した頭髪(発毛)治療専門クリニックのヘアメディカル
薄毛になるメカニズム
薄毛になるメカニズムを解き明かす
AGA(はげ)薄毛治療とは
最近はAGA(はげ)という言葉がよく利用されるようになりました
育毛ならAGA治療か育毛剤どっち
殆どの育毛剤には発毛効果はなく、あくまでも今ある髪の毛を丈夫にする為の役割にしか過ぎません。
抜け毛や薄毛を招く生活習慣
抜け毛や薄毛の原因といわれる生活習慣は、主に以下の5つがあります。
M字型薄毛脱毛症(AGA)
男性が薄毛に見舞われる場合、そのハゲ方にも幾つかのパターンがあります。たとえば多くで見られるものとして
O型薄毛脱毛症(AGA)
一口にAGAといっても症状はさまざまです。額の生え際の部分から剃り込みのような形で毛がなくなっていく、いわゆる
若年性脱毛症(AGA)
育毛を行うにはまずクリニックでの診療を受けることが先決です。医師の触診や問診によってAGAか否かを判断し、もしそうであれば飲み薬と塗り薬で治療を行い、育毛していきます。

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ