薄毛になるメカニズム

育毛で自信を取り戻すために

男性にとって薄毛に見舞われるのは恐ろしいもの。そもそも頭髪は外見を決定付ける大切な場所なので、薄毛になると自信や積極性すら失われる可能性があります。適切な対処を行うためにもまずは薄毛になるメカニズムを解き明かすところから始めなければなりません。

 

薄毛になる3つの要因

うす毛の発症には3つの可能性があります。ひとつは生活習慣。仕事や人間関係のストレスや極度な疲労、脂っこいものばかりの食生活、タバコやアルコールの過剰摂取、睡眠不足などがホルモンバランスを崩して皮脂を大量に発生させて毛穴を詰まらせたり、あるいは頭皮の血行を悪くして栄養分を行き渡らせない状態となってしまいうす毛を悪化させていくのです。

 

次にうす毛の原因として挙げられるのが頭皮環境の不衛生化です。人間の頭皮には知らず知らずのうちに皮脂やフケ、角質が発生し、毛穴を詰まらせているもの。こういったものを放置していると毛詰まりによって外部の酸素が取り込めずに頭髪の成長が妨げられ、栄養分が行き渡らず、次第に薄す毛が進行していきます。

 

AGA(男性型脱毛症)

そして最後に挙げられるのがAGAという病気の可能性です。男性型脱毛症とも呼ばれるこの症状は男性ホルモンが過剰な働きをすることで頭皮の特殊な酵素と反応し合い、DHTという薄す毛を助長する成分を作り上げてしまいます。この時、毛乳頭はDHTを感知するとそれ以上頭髪を成長させるのをやめ、毛細血管から栄養分を吸収するのをストップさせてしまいます。こうやって成長サイクルが乱れることによって抜け毛が頻発し、薄す毛が本格化していってしまうのです。

関連ページ

ヘアメディカルでAGA(はげ)の薄毛治療
1999年に日本で初めて開院した頭髪(発毛)治療専門クリニックのヘアメディカル
AGA(男性型脱毛症)の基礎知識
男性型脱毛症(AGA)の基礎知識
AGA(はげ)薄毛治療とは
最近はAGA(はげ)という言葉がよく利用されるようになりました
育毛ならAGA治療か育毛剤どっち
殆どの育毛剤には発毛効果はなく、あくまでも今ある髪の毛を丈夫にする為の役割にしか過ぎません。
抜け毛や薄毛を招く生活習慣
抜け毛や薄毛の原因といわれる生活習慣は、主に以下の5つがあります。
M字型薄毛脱毛症(AGA)
男性が薄毛に見舞われる場合、そのハゲ方にも幾つかのパターンがあります。たとえば多くで見られるものとして
O型薄毛脱毛症(AGA)
一口にAGAといっても症状はさまざまです。額の生え際の部分から剃り込みのような形で毛がなくなっていく、いわゆる
若年性脱毛症(AGA)
育毛を行うにはまずクリニックでの診療を受けることが先決です。医師の触診や問診によってAGAか否かを判断し、もしそうであれば飲み薬と塗り薬で治療を行い、育毛していきます。

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ