育毛剤の効果が出ない

医薬品と医薬外部の育毛剤 比較

薄毛で悩んでいる人が、症状を治すのに使うのが育毛剤です。しかし、正しい使い方をしているにもかかわらず、効果が出ないことがあります。一般的に、薬局では2種類の育毛剤が販売されています。大まかに区分すると、医薬品と医薬外部品になります。前者はカロヤンガッシュなどの種類があり、脱毛の防止や育毛効果があると言われています。

 

効果がない?

しかし、医薬品のなかには脱毛の効果しかなく、育毛剤としての効果しかないことがあります。また、育毛剤の中でも、はっきりと育毛を促進する作用があるものは、一握りしかありません。そのため、情報を事前に持っておくことが大切です。薬局には高額な育毛剤も売っていますが、値段が高いと必ずしも効果があると保証されるものではありません。自分の体質に合っていないと意味はありません。

 

また、シャンプーでも代用できます。成分によっては、育毛を促進するものもあります。例えば、わかめを主成分としたシャンプーがそれにあたります。シャンプーだけではなく、せっけんでも同様の促進作用を持ったものもありますが、自分の体質に合ったものを選ぶことが大切です。

 

育毛剤の副作用

育毛剤によっては、副作用ができることもあります。血圧が急激に下がったり、頭痛などがすることがあります。しかし、医薬品である場合は、一般のものに比べ、作用がはっきりとしているため、育毛剤としての機能はしっかり果たされます。医薬品は、病院などで処方されることが多いです。

関連ページ

育毛効果のある食べ物は
育毛効果と食事の関連性
30代からの育毛剤選びとは
ただどのような育毛剤を選び出せば良いのか迷うものです
みかん育毛剤とはなんでしょうね。
たまに耳にするのがみかんの皮で作る自家製の育毛剤。どんなものかと調べてみると、
育毛剤は継続が大事?
育毛剤を使用するタイミングは、朝の支度をするときや、お風呂の後がおすすめです。洗髪したあとの頭皮は浸透しやすい状態ですので、より育毛効果に期待
健康体こそが薄毛予防
仕事や人間関係の精神的ストレスや極度の疲労はホルモンバランスを著しく崩します
頭皮の乾燥を防ぐ
石油系の洗浄力抜群のシャンプーで洗うと全て失って頭皮にダメージだけが残ります

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ