女性も悩んでる薄毛の種類

女性も発毛に悩む

男性の薄毛事情だけでなく、現代社会では女性の薄毛について悩む女性が急増しています。
女性の抜け毛や薄毛の種類をまとめてみました。

 

分娩後脱毛症

産後に見られる、女性特有の脱毛症です。出産後にしばらく、抜け毛が多くなったり髪の毛が薄くなったりします。薄毛・抜け毛は産後赤ちゃんの授乳が終わる半年後くらいには回復するといわれています。

 

牽引性脱毛症

髪の毛は通常引っ張ったくらいでは抜けませんが、一定以上の強い力によって長時間引っ張り続けると、引っ張られた部分が薄くなることがあります。ポニーテールなどの髪型よくする女性が長期間続けることが原因と考えられます。髪に負担をかけない髪型にすることでたいていは治るとのことです。

 

びまん性脱毛症

中年以降の女性に多く見られる症状で、髪の毛の分け目や頭頂部から頭皮が透けて見えるようになります。男性型脱毛症(AGA)などは、生え際や頭頂部から始まり、その境界線が割とはっきりしていますが、このびまん性脱毛症は全体的に薄くなってくるというのが違うところです。

 

トリコチロマニア

抜毛症のことをいいます。子どもに見られる症状で、ストレスなどが原因で寝ている間などに無意識に自分で髪の毛を抜いてしまいます。痛みはないので、よく円形脱毛症と間違えられる症状です。

 

現代病とされている女性の薄毛対策として色々な女性用育毛剤がありますが、
副作用などもあるので医師や薬剤師に相談してから使用するのが望ましいです。

関連ページ

女性用育毛剤マイナチュレの効果比較は
女性用育毛剤で圧倒的な評判と人気を誇るマイナチュレの効果と副作用など徹底比較をしてみました。
女性用育毛剤の売り上げランキングを紹介
女性用育毛剤、ランキング
男性ホルモン抑制の育毛剤
育毛剤には男性ホルモンをブロックさせる作用を持ち合わせているかと思いますが、低リスクな副作用があるものや自然配合な物までありますのでそれらを調べて行きたいと思います。
医薬品の女性用育毛剤の副作用
使用効果が得られるという保証がないですが、その分安全性が高く、副作用も少ないと
おすすめ女性用育毛剤
人気おすすめ女性用育毛剤を価格別や、医薬品・医薬外品で調べて行きたいと思います。

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ