薄毛の女性は自分でパーマや染めは抜け毛原因

自分でパーマやカラー染めはリスク高

抜け毛で気になる女性が自宅でカラーリングやパーマなどをするのはあまりよくありません。
せっかく、女性用育毛剤で発毛を実施しているのに効果が阻害する可能性が出るからです。

女性用育毛剤を最大限の効果のために

それでは何故パーマやカラー染めが髪の毛に悪い影響を与えているのでしょうか。
女性が薄毛になると、どうしても髪の毛にボリュームを持たせようとパーマをかけて
頭皮にパーマ液が浸透し、炎症、毛穴の閉鎖がおこります。

さらに詳しく説明すると、
髪の毛の繊維をつなげているシスチンというたんぱく質をパーマ剤によって切ったりつなげたりするというものです。
第一剤の成分には、チオグリコール酸、L-システインなどが含まれています。これらがシスチンの結合を切る働きをします。
そして第二剤には臭素酸ナトリウムや臭素酸カリウムなどが含まれ、これらがシスチンをつなぎなおします。

あと安定剤やpH調整剤など、様々は科学成分が含まれているのです。
パーマはチオグリコール酸の還元作用によって、物理的に髪の毛のケラチンを壊してしまいます。

これを市販のパーマ液で自分ですると、さらに頭皮と髪の毛に配慮できずにダメージを与えてしまいます。

やっぱり髪の毛のプロにお願い

やはりここは多少お金が掛かってもプロの美容室でヘアケアをしながらしてもうらほうが安全ですね。
もちろん、女性用育毛剤を使用されているのであれば最大限に育毛効果を高めるためには
パーマやカラー染めをせずに髪型でフォローしてくれる美容師さんにお願いするのが一番です。

まだ、スタイリング剤のほうが悪影響も少なくすむと思います。

関連ページ

女性の抜け毛原因は食べないダイエットのせい
キャピキシル配合の育毛剤
シャンプー2度洗いで抜け毛予防
2度洗いすると、少し頭皮の乾燥を感じるものもあるかもしれません。そのような場合は、きちんと2度洗いを推奨しているシャンプーもありますので、そのようなものを選ばれると、安心して育毛ケア
頭皮を保湿する専用ローション
薄毛の原因として多いのがヘアケアによる頭皮の荒れなのですが、カラーリングやパーマを行っている人は気付かないうちに悪化させてしまうことがあります。育毛のためには、頭皮の
ドライヤーは髪から離し短時間で
熱風を使って乾かすのではなく冷風を使って乾かすことで、頭皮に熱を与えてしまう心配がなくなり、乾燥も防止できるようになりますので

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ