飲むタイプの服用型育毛剤

飲むタイプの服用型育毛剤

薄毛に悩む人が使う育毛剤ですが、薬局などでよく見かける頭皮に直接塗るタイプの育毛剤の他に、服用するタイプも存在します。日本国内で扱われている服用型の育毛剤は、「男性型脱毛症(AGA)」の治療のために病院にて処方されているものです。一般的なものに比べて副作用が大きいのが特徴で、服用することによって体に重大な影響を及ぼす可能性があります。その分、体の中から薄毛の原因をなくしていくため、高い効果が期待できるのも事実です。

 

 

現在、日本国内で服用型育毛剤に使うことが認められている成分は2種類あり、「フィナステリド」と「ミノキシジル」が該当します。

 

フィナステリドを配合した「プロペシア」と呼ばれる育毛剤は、2005年に日本国内で販売が開始されました。もともとは男性の前立腺肥大症の治療に用いられていましたが、
この治療に使っていた患者によって薄毛の防止効果があることが判明し、そこから薄毛の治療薬に用いられるようになりました。

 

 

この薬は女性が服用出来ないため、主に男性型脱毛症の治療に使われています。一方で、ミノキシジルも薄毛の改善に効果のある成分として知られています。
これはもともと高血圧患者向けの血圧降下薬として用いられていましたが、現在は薄毛の治療に用いられています。

 

血圧に働きかける作用が強いため、フィナステリドに比べてやや副作用のリスクは高くなります。その分高い効果も期待出来るのも、この成分の大きな特徴です。

関連ページ

高価格の育毛剤なら効果も高い?
育毛剤は高いほど効果があるのか?
市販の育毛剤の効果があるの
育毛剤の効果(市販品)
育毛剤の天然成分とは
「天然成分」配合という育毛剤
育毛剤の有効成分とは
外用の「ミノキシジル」と内服の「フィナステリド」の2つ
血行促進させる育毛剤
薄毛を改善するには育毛剤を使った血行促進が不可欠です
細胞分裂促進させる育毛剤
育毛剤といえども、日々科学技術の進歩により、新しい商品が開発されています
塗るタイプの液体育毛剤
塗るタイプの液体育毛剤もその一つですが、ただ使用するのではなく、使用する環境について考慮することで薄毛に対してさらなる効果を期待出来ます。
スプレータイプの育毛剤
この2つのタイプの違いは、育毛成分を噴射する時の粒子の細かさです。
薄毛症状別の育毛剤
具体的に分けていくと、育毛剤の効果は大きく5種類に分類されます。

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ