薄毛症状別の育毛剤

薄毛症状別の育毛剤

育毛剤はいくつかのタイプに分かれています。
それは、一言に薄毛といっても、その薄毛の症状が現れる原因は複数あるからです。
自分の症状に合った、原因に合った育毛剤を選ぶことで育毛剤の効果はかなり大きくなります。
具体的に分けていくと、育毛剤の効果は大きく5種類に分類されます。

 

 

1個目は、男性型脱毛症AGAと言うものに合わせて作られた男性ホルモン抑制タイプ。
2個目は、肩こりや冷え性が原因の方に合わせて作られた血行促進タイプ。
3個目は、生活サイクルの乱れが原因の方に向けて作られた毛母細胞活性タイプ。栄養補給タイプとも言います。
4個目は、脂性や汗かきな方のために開発されてた皮脂分泌抑制タイプ。
5個目は、乾燥肌や皮膚が弱い方に向けて作られた頭皮保湿タイプ。

 

 

上記の5種類のタイプが薄毛の原因なのでそれぞれに合う育毛剤を選ぶことが大事になってきます。
男性ホルモン抑制タイプの配合成分の代表にはフィナステリドが挙げられます。
血行促進タイプの場合は配合成分はミノキシジルが代表例です。

 

 

生活サイクルの乱れが原因のタイプは育毛シャンプーやサプリメントが販売されています。
脂性で汗かきな方へも、育毛シャンプーが多く開発されています。
乾燥肌や皮膚が弱い方は、女性用の育毛剤を使用することが有効とされています。

 

 

勘違いされやすいのですが、多く使えば効果があるというものではなく、必ず説明書に書いてある、用法、用量を守ることが基本になります。

関連ページ

高価格の育毛剤なら効果も高い?
育毛剤は高いほど効果があるのか?
市販の育毛剤の効果があるの
育毛剤の効果(市販品)
育毛剤の天然成分とは
「天然成分」配合という育毛剤
育毛剤の有効成分とは
外用の「ミノキシジル」と内服の「フィナステリド」の2つ
血行促進させる育毛剤
薄毛を改善するには育毛剤を使った血行促進が不可欠です
細胞分裂促進させる育毛剤
育毛剤といえども、日々科学技術の進歩により、新しい商品が開発されています
飲むタイプの服用型育毛剤
現在、日本国内で服用型育毛剤に使うことが認められている成分は2種類あり、
塗るタイプの液体育毛剤
塗るタイプの液体育毛剤もその一つですが、ただ使用するのではなく、使用する環境について考慮することで薄毛に対してさらなる効果を期待出来ます。
スプレータイプの育毛剤
この2つのタイプの違いは、育毛成分を噴射する時の粒子の細かさです。

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ