育毛剤の有効成分とは

発毛促進効果を公式に認定

育毛剤といっても商品によって使われる有効成分には色々な種類があります。現在の時点で発毛促進効果を公式に認定されている有効成分としては、外用の「ミノキシジル」と内服の「フィナステリド」の2つが挙げられ、これらの成分を配合している育毛剤は「医薬品」として販売されています。この2つは効果が高いというメリットがありますが、

 

育毛剤の副作用?女性には危険?

ミノキシジルの場合はかゆみ・炎症・低血圧・頭痛・動機・息切れなどの副作用、フィナステリドには肝機能障害や睾丸の痛み・胃部不快感・初期脱毛などの副作用の症状として出ることがあるので、個人の判断で使用するのは避け、医師に処方・指導をしてもらった上で使いましょう。特にフィナステリドは妊娠中の女性が服用すると胎児(男児の場合)の生殖器に異常を起こす可能性があります。

 

医薬部外品での副作用は?

育毛剤に使われる成分はその他にもグリチルリン酸ジカリウムや、酢酸トコフェノール、クジンエキス、センブリエキス、トウガラシエキス、エチニルエストラジオールなど、数多くあり、これらの成分を使用している育毛剤は医薬部外品に分類され、処方なしでも購入することができます。主に毛根に栄養を与える・血行を促進させる・頭皮環境を整える・アレルギー反応を抑えるなどの役割を持ち、この働きによって一定の効果を期待することができます。医薬品ではないので大きな副作用はありませんが、頭皮や肌に合わない場合もあるのでかゆみや赤み、かぶれなどの症状が出た場合はすぐに使用を中止し、医師に相談することをおすすめします。

関連ページ

高価格の育毛剤なら効果も高い?
育毛剤は高いほど効果があるのか?
市販の育毛剤の効果があるの
育毛剤の効果(市販品)
育毛剤の天然成分とは
「天然成分」配合という育毛剤
血行促進させる育毛剤
薄毛を改善するには育毛剤を使った血行促進が不可欠です
細胞分裂促進させる育毛剤
育毛剤といえども、日々科学技術の進歩により、新しい商品が開発されています
飲むタイプの服用型育毛剤
現在、日本国内で服用型育毛剤に使うことが認められている成分は2種類あり、
塗るタイプの液体育毛剤
塗るタイプの液体育毛剤もその一つですが、ただ使用するのではなく、使用する環境について考慮することで薄毛に対してさらなる効果を期待出来ます。
スプレータイプの育毛剤
この2つのタイプの違いは、育毛成分を噴射する時の粒子の細かさです。
薄毛症状別の育毛剤
具体的に分けていくと、育毛剤の効果は大きく5種類に分類されます。

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ