血行促進させる育毛剤

血行促進させる育毛剤

男性が薄毛に見舞われる原因には幾つもの可能性が考えられますが、その中のひとつには血行が悪くなって育毛や発毛のために必要な栄養分を十分に吸収できなくなっているケースが挙げられます。もともと頭髪は毛母細胞が無数の細胞分裂を繰り返すことによって育っていくわけですが、この動力源となる栄養分はすべて頭皮付近にまで張り巡らされた毛細血管を通じて運搬されており、この流れが滞ると毛髪は栄養不足に陥って細胞分裂も急速に勢いを失ってしまうのです。こうなると頭髪のヘアサイクルは乱れ、最終的に抜け落ちてしまうことになります。

 

 

 

こうした作用で起こる薄毛を改善するには育毛剤を使った血行促進が不可欠です。これらを使って頭皮に刺激を与えることで失われかけている毛細血管を再び活発化させるのです。とりわけこの血行促進の育毛剤としてよく使われるのがミノキシジルという成分を配合したものです。これはクリニックでも薄毛改善のための薬として塗り薬タイプのものが処方されます。

 

 

 

これを使うとミノキシジルが毛細血管を拡張させ、血流の通りをよくします。こうして頭髪の成長に必要な血液が過不足無く流れ込んでくるのを促すのです。この育毛剤を使用することによって血行や栄養不足が原因の薄毛は改善できることでしょう。

 

 

 

ただし、このミノキシジルは副作用を引き起こす可能性もあります。まず低血圧の人はこの使用によってさらに血圧が下がり心臓や血管に負担がかかるので控えた方がよいでしょう。さらに使用中には吹き出物や肌荒れが起こるケースもあります。もし該当する症状が現れたら使用を中止したり、医師の診察を受けた方がよいでしょう。

関連ページ

高価格の育毛剤なら効果も高い?
育毛剤は高いほど効果があるのか?
市販の育毛剤の効果があるの
育毛剤の効果(市販品)
育毛剤の天然成分とは
「天然成分」配合という育毛剤
育毛剤の有効成分とは
外用の「ミノキシジル」と内服の「フィナステリド」の2つ
細胞分裂促進させる育毛剤
育毛剤といえども、日々科学技術の進歩により、新しい商品が開発されています
飲むタイプの服用型育毛剤
現在、日本国内で服用型育毛剤に使うことが認められている成分は2種類あり、
塗るタイプの液体育毛剤
塗るタイプの液体育毛剤もその一つですが、ただ使用するのではなく、使用する環境について考慮することで薄毛に対してさらなる効果を期待出来ます。
スプレータイプの育毛剤
この2つのタイプの違いは、育毛成分を噴射する時の粒子の細かさです。
薄毛症状別の育毛剤
具体的に分けていくと、育毛剤の効果は大きく5種類に分類されます。

育毛コンテンツの新着情報

ページトップへ